会長挨拶

毛利 隆志 2016〜2017年度会長

会長写真

京都モーニングロータリークラブ会長基本方針

「愉快にほっこりモーニングR.C」

    Joy,Hokkori

ジョンF.ジャーム国際ロータリー会長は2016〜2017年度テーマを「人類に奉仕するロータリー」(Rotary Serving Humanity)とされ、「人類への奉仕はロータリーの礎」、「意義ある奉仕を行う最善の道はロータリー会員になること」、「さまざまな分野から熱心で有能な職業人が集まり、壮大な目標を実現できる団体」、「ロータリーに限界があるとしたら、それは私たちが自分自身に設けている限界にすぎません。」と述べられています。
2016〜2017年度第2650地区刀根荘兵衛ガバナーは地区のスローガンを「夢を語り、現在(いま)を刷新」(Review from the future and Renew)として理想の未来を思い描き、実現していくために現在(いま)を見直し、刷新していこうと呼びかけられています。

 人類への奉仕、未来を思い描く主役は、各々のクラブとメンバーです。愉快にほっこりできる例会・事業が活力の源泉となり、クラブの明るい未来、奉仕に繋がります。そのため、今年度のクラブテーマを「愉快にほっこりモーニングR.C」としました。
 モーニングロータリークラブの特色は朝例会です。例会が1日の出発点、メンバー相互、Good Morningの挨拶に始まり、ラジオ体操、和やかな朝食、卓話を中心とした素敵なプログラムを体験して、元気よく仕事に出発できるのがモーニングロータリークラブです。例会時のニコニコ、ロータリー財団、米山BOXへの寄付が奉仕活動の原資になり、人類への奉仕に繋がります。朝例会は、爽やかな気分になれます。日中仕事が忙しくても朝なら参加できる仲間も多いはずです。充実した例会運営と委員会事業をメンバー全員で協力して今年度も実施していきましょう。
 今年度は創立19年目、クラブの歴史が続いて次年度20周年を迎えます。過去5周年、10周年、15周年は、創立時のメンバー数を維持して周年記念例会を迎えることができました。次年度の20周年記念例会も創立時のメンバー数50名を超えて迎えられることを思い描いて、新しい仲間を増やして行きましょう。
 今年度も、会員の維持と新会員の勧誘を図り、クラブを更に発展させて行くために毎週の例会、事業を「愉快にほっこりモーニングR.C」をテーマに1年間邁進してまいります!

トップページへ

(C)2008 KYOTO MORNING ROTARY CLUB ALLRIGHT RESERVED